【コミティア初サークル参加録③】コミティア準備&当日

先週の日曜日(5/12)いよいよコミティアに参加してきました!

印刷所に発注

イベント10日ほど前のゴールデンウィーク中旬、5/1にイラストを描き終えて印刷所にデータ提出をしました。

印刷所はグラフィックさんに依頼しました。

なぜここにしたかというと、今までにコミティアで買っていた冊子を見るとほとんどの人がグラフィックさんを使っていたからです。

絵を描き終えたのがギリギリだったので、ブックデザインをするのに半日しか取れず表紙のロゴなどがやっつけ仕事になってしまったな~という後悔はありつつ、なんとかイベント本番に間に合うように印刷を発注できました。

印刷用紙が選択できたので、事前に無料サンプルを取り寄せて確認したりしたのですが、結局デフォルトの紙(マットコート)にしました。

紙の分厚さは本文が110kgで表紙が135kgです。

表紙はもう少し厚い紙にしようと思ってたのですがどうやって土壇場でどうやって選択するのか分からなかったのと、表紙表面のPP貼(つやなし)加工で多少分厚くなるはずと思ったので135kgにしました。

表紙の加工なのですが、表紙をよく同人系の冊子で見かけるあのマットな感じにしたくて最初何もわからず紙のサンプルを探していたのですが、あれは用紙ではなく表面の加工だということが分かったのでその加工のオプションを付けました。

無線綴じと迷ったのですが、ページをまたぐ絵があったので開いて見やすい中綴じ(ホッチキス止め)にしました。

特に追加料金のとられない6営業日の納期で発注しました。

印刷物が届く

5/9に印刷物を受け取りました。

いい感じに印刷されていました!!

表面も思っていた通りのマットな感じになっていました!

ただ、やっぱり表紙はあと若干だけ分厚くすればよかったなと思いました。

色についても思っていた通りの色が出ていたので、大満足でした。

仕方のないことだと思いますが、段ボール内の紙の緩衝材が表紙のマット加工を運送中に若干傷付けているのだとおもいますが、一冊目の冊子の表紙は全体的にちょっと傷ついていました。(これはコミティアの見本誌コーナーに提出するサンプルにしました)

ブース設営用グッズを集める

ポスター立てを注文し、テーブルに敷く布などを近くの店で買い集めました。

ポスター立てはアマゾンでこちらの商品を買いました。

太い棒なのでしっかりしていてよかったのですが、ポスターの取り付け部分がクリップとかになっていないのでポスターの取り付けがこれ単体ではできないということに前日に気が付いてつっかえ棒やテープを買いに行きました。

多分この商品は最初から上部と下部に棒が仕込まれているタペストリーや、固い板状のポスター向けだったんだと思います。(気づかずに買ってしまいました)

ポスター印刷はkinkosというセルフ印刷所で行いました。

kinkosは印刷機とパソコンが置いてあってセルフで印刷をするというところです。

A1ポスターは1枚とかで印刷所に頼むと2000円ぐらいするので、セルフ印刷だと若干安い上にすぐにものが手に入るので、A1ポスター印刷ができる店舗は限られていますがおすすめです。

ポスターを印刷しているところ

設営

いよいよコミティア当日です!

サークル参加者は9時~10時の間に入場し、11時までに設営をするというスケジュールでした。

今回の会場は臨時展示棟だったので9時15分ごろに東京テレポート駅に到着し、入り口を確認してから近くにあったロッテリアで朝ご飯兼昼ご飯を食べてから10時前に入場しました。

入場するともう7割ぐらいのブースが設営を完了し始めている段階で、すでに活気がありました。

自分の席を見つけると、机の角に「ち21a ツノセカイ」と書いた小さなシールがあったので分かりやすかったです。

両サイドのサークルさんもだいたい設営が完了していてすでにポスターを掲げていたのですが、とても画力が高かったのでこの2つのポスターの間に自分のポスターを堂々と掲げるのは若干気が重たいなぁとおもいつつ設営をしました。

仕方がないですが、場所が結構狭くてとてもやりにくかったです。

あと、微妙に用途の違うポスター立てを買ってしまったせいでポスターをしわにならないようにめちゃくちゃ時間が吸われました。

なので11時までだと設営した後結構時間が余りそうだと思っていたのですが、設営を終えると11時が迫ってきていたので意外と時間は余りませんでした。

なんやかんやいいつつ、無事いい感じに設営を終えました!

ポスターがしわになっていますが、次はもっと楽に設営できるようにクリップが付いている追加アタッチメントを適当に見繕いたいです。

テーブルにかける布は前日の段階では安くて良いの無かったら別に買わなくてもいいかな~と思っていましたが周りのサークルさんはほとんど付けていたので買っておいてよかったです。

あと、100均で買ったベンチと植木鉢を観賞用に置いておきました。

イベント開始

アナウンスが流れて拍手になり、イベントが始まりました。

前の方のサークルさんのところに「サークル参加だから11時より前に買っちゃおうかな~、いやせめて11時までは待とう」(知らないですがw)というサークル参加の人たちがすでに列をなしていたのですが、その列が一斉に動き出しました。

そのあとじわじわと人が増えはじめていきました。

そのあと女性の方が近寄ってきて、本を手に取って見てくださいました。

結局買ってはもらえませんでしたが、初めて全然知らない人に見てもらって緊張と嬉しさがありました。

そのあと、大学のときのサークルの先輩が来てくれ、初めて買っていってくれました。

めっちゃ早くて驚いたのと、すでに一冊別本を持っていたのがさらに驚きましたw

そのあとまた男性が来て中身をみて、初めて知らない人に買って行ってもらえました。

全く売れなかったら悲しいなと思っていましたが、その時点で先輩にも知らない人にも買ってもらえてすでに満足でした。

そのあとも色んな知り合いやそれ以外の人がちょこちょこ来て買ってくれました。

twitterで知り合いで初めて会う人も何人か来てくれたのですが、買った後に名刺をさっと出して自己紹介をしてくださるのがかっこよかったので、自分も次のイベントに行くときには名刺を作っておこうと思いました。

彼女に売り子を手伝ってもらっていたので、午後には自分もコミティアを巡回して新刊を買いあさったりしました。

そのあと彼女も買いに行ったりしていたのですが、彼女が一人で売り子をやっているときは数冊売れたといっていたのに、自分一人で売り子をやっているときはそれより全然人が来なかったのでちょっと焦りましたw

近づきにくい雰囲気がでないように頑張ろうと思いますw

そんなこんなで、16時前ぐらいになりほとんどのサークルが後片付けを早めにしていました。

自分たちも来ると言っていた友達を待ちつつあと片付けをして、16時にはまたアナウンス&拍手で閉会しました。

ほとんどは席に座っていましたが、狭かったり絵を見てもらっている間緊張したりと結構意外と疲れていました。

撤収し、いい感じの疲労感を背負いながらダイバーシティの居酒屋に入ってそのまま酒を飲みました(うまかった…)

コミティアを終えて

とにかく参加してよかったです。楽しかったです。

冊子に関しては、50冊刷って持って行ったのですが14冊余っていたので見本誌を除くと35冊買ってもらえていました。

そのうち10冊程度は知り合いですが、30冊くらい買ってもらえたらいいなと思っていたのでよかったです。

次に既刊として出すことを考えるとちょうどいい数が残ったと思います。

うまく具体的にどこがと言い表せないのですがコミティアサークル参加とても楽しかったので、次もなるべく早く新刊を作って出たいなと思いました。

コミティアで自分の絵について気が付いたこともいくつかあったので、それはこれからのお絵かきに生かしていこうと思いました。

来てくださった方ありがとうございました!

(というかもうちょっと写真撮ればよかった…)

【コミティア初サークル参加録②】当選しました!

コミティア当選しました!!

スペースは「ち21a」です!

コミティア抽選前

というわけで、めでたくコミティアに初参加できることになりましたが、抽選結果の発表に実はとてもそわそわしていました

というのも、今回コミティアの参加人数が過去最大だったようで

それに加えて2020年東京オリンピック・パラリンピック開催の影響でビックサイトの仮設展示棟での開催となり前回よりも開催場所が狭くなってしまったようで、

応募の約5900サークル中約1000サークルが落選してしまうという過去のコミティアには類を見ない落選率ということがあらかじめアナウンスされていました

「ちょっと待て、仮設展示棟ってなんだ?」という人が多いと思いますが、実は最近ビックサイトのあの有名な逆三角形の建物とは別にそこから1駅離れたところに「青海展示棟」というビックサイトの仮説展示棟がオープンしたんです

http://www.bigsight.jp/organizer/facilities/aomi/

今回のコミティアはそこで開催ということらしいのですが、あくまでも仮設ということかビックサイトの本体に比べると小さいようで今回の落選率につながってしまったようです

抽選結果発表

コミティアの抽選結果については、4日前の4/5(金)にコミティア公式のこちらのページで発表されました

そのときのツイート(このツイートをここに入れるためにブログエンジンに新しいアドオンをいれました)

WEBページに当選サークル一覧が乗っていて、この日は抽選結果だけとりあえず知れるという感じでした

1/6で落選だったので、こういうときにだいたいはずれを引いてしまう自分にとってはとても幸運なことで嬉しかったです

封筒の到着

そしてさっきポストにコミティアから封筒が届いていました

参加案内ですね

  • 封筒

    表のシールには住所のほかにスペース名などが書いてあって、封筒を当日持参しないといけないようです
    びりびりに破って開けなくてよかった~

  • 参加案内書

    細かな字で色々書かれています
    当日までに読んでおこうと

  • 会場配置図

    机の番号がびっしり並んだ表です

  • 宅急便の案内

    大手サークルさんとかは当日の冊子を宅急便で持ち込むのでしょう
    今回数十部しか刷らない予定の自分には関係なさそうです

  • 次回コミティアの案内

    気が早い!とおもったけど年4回開催だしな

  • サークル通行証

    これでティアズマガジンを買わなくても入場できるということですな

  • 見本誌に貼るシール

    コミティアに行くと見本誌のコーナーがあって立ち読みできるのですが、それを提出するときに貼るのでしょう

重要なのはスペースの場所ですが、封筒にしか書いてないようです

ち21a

配置図と照らし合わせてみると、ここでした

aなので通路から見て右側です

大きめの通路沿いなのでありがたいです ^一^

当日が楽しみだな~~

進捗

進捗ダメです…

とは言いながら一応5作品は最低載せられそうなので、最悪5作品で冊子を作ります

でもできれば7作品載せたいな~

頑張ります

スマホ購入 OPPO R17 Neo 開封レビュー

OPPO R17 Neoを購入しました!

OPPO R17 Neo

3年間お世話になったiPhone6sについに致命傷を与えてしまい、ホームボタンが効かず画面がバキバキで画面をパカパカできる機能付きの状態にしてしまったので新しいスマホを買いに行きました。

コスパ的にOPPOが良さそうだなというあたりを付けてから店に行きましたが、頑丈な京セラのスマホと迷いました。

Android One X3 京セラ

京セラのスマホは大昔のものを使ったことがあり、階段から転げ落ちたり洗濯機に回したりという過酷な訓練を経てしても無傷だった思い出があり、今回のX3も価格が安くてデザインも好みなので非常に迷いました。
最終的にデザインやスペックに一世代前感があるのと、前に使っていた機種が2年ぐらい使うとアツアツになったりブラックアウトしたりということがあり、X3もネットのレビューを見ると安定性に不安があるというところで選びませんでした。

開封の儀

開封して設定を一通り済ませました。

表面と付属品・ケース

背面

特殊な加工がされていて、見る角度によって縦に入ったハイライトが動きます

GOODポイント!

  • 画面が大きくてキレイ(有機EL良い)

    インカメラの周り以外はほぼすべてがディスプレイなので、最新のスマホ感があって良いです
    有機ELなので発色もよく黒沈みも良好です(画面を付けていない状態と黒を表示している状態に差異が感じられないほどです)

  • 顔認証とディスプレイ指紋認証の感度も良好

    明るいところでは顔認証で画面を見るといつの間にかロックが外れているという感覚です
    暗いところでは顔認証が効きづらいですが、ディスプレイ指紋認証機能は感度も良好で未来感があります

  • 画面に初めから保護シートが付いていて、背面の保護ケースも付属していて良い

    保護シートは貼るのが面倒なのでありがたいです
    最初から微妙に汚れていましたが、やわらかめの透明の背面保護ケースもついています

  • カメラがいい感じ

    前まで使っていたiPhone6sしか比較対象がないですが、暗いところでも多少明るく映り手前にピントを合わせると後ろがぼけるところがまず違うと感じました
    背面カメラが2つついていて、それと人工知能的な要素で何か補正してくれるそうです
    比べるのは酷ですが、比較画像を載せておきます

ピント 左:iPhone6s 右:OPPO R17 Neo

夜景 左:iPhone6s 右:OPPO R17 Neo

  • 基本スペックがそこそこ高い

    ストレージ128GB、メモリ4GB、CPUもオクトコアでそこそこいいものらしいです(スマホのCPUはよく知らない)

不安ポイント

  • Color OSという魔改造Android

    店で触ったときに笑いましたが、AndroidですがUIはiPhoneをがっつりパクっています
    スキンを変えたのでデフォルトとは少し違いますが、こんな感じです(下の画像)
    少し触った感じだと特に不便はなさそうですが、魔改造OSなのでなにか不便は出てくるだろうなという予感だけはしています

  • 耐衝撃性

    画面がガラス加工なのでiPhone6sと同じ末路をたどらないか心配です
    保険に入りました…w

  • 端子がmicro USB Type-B

    今時のType-Cじゃないようです

その他のポイント

個人的には欠点とも利点とも思わないですが、人によっては考慮するべき点を一応挙げておきます

  • UQ Mobile専売

    もともとマイネオAプランを使っていたのでSIMフリー端末だけ買ってSIMを使いまわそうと思っていたのですが、結局持っていたSIMが「VOLTE」に非対応だったらしく使えないようでした(良く知りませんが)
    そういう経緯でマイネオを解約して気になっていたR17 NeoをUQ Mobileで契約したのですが、端末単体では売ってもらえないようです

  • ワンセグ非対応

  • おサイフケータイ非対応

  • 防塵防水非対応

最後に

また1か月ぐらいたったら使用レビュー書きたいです

Twitterフォロー一覧をフィルタリングするツール

「明日はコミティア!」

「というわけで、ツイッターのフォロー一覧から名前に「コミティア」とついている絵師さんを探すぞ!」

しかしフォローしている人がそこそこ多くて目で探すのがめんどくさかった…

というわけで、Twitterでフォローの一覧を単語を使ってフィルタリングするツールを作ってみました。

http://tsuno.co/twitter_follow_filter/

使い方はリンク先にも載せていますが、簡単に説明します。

使い方

皆さんは、ブックマークレットをご存知でしょうか?

ブックマークレットとは、ブックマークとしてプログラムを登録することで開いているページに対して処理を行うことができる仕組みです。

リンク先でフォームに入力して、ボタンをお気に入りのバーなどにドラッグすることでブックマークレットを登録することができます。

あとはそのブックマークをTwitterのフォロー一覧で押すだけ!

ちなみに自分のフォロー一覧だけでなく、他人のフォロー一覧をフィルタリングすることもできます。

【コミティア初サークル参加録①】コミティア128に参加します

twitterではちょこちょこ言ってましたが、2019.5.12に開催されるコミティア128に参加します。

ブログでも背景画習作のシリーズで投稿してきましたが、その延長線上ということでこのコミティア初参加録をつづろうと思います。

コミティアとは

コミケは知っていてもコミティアはよく知らないという人も多いと思いますが、コミティアとは端的に言うと

  • コミケの「一次創作限定」版

  • 規模はコミケの1/7くらい

のイベントです。

コミケは(実は行ったことはないのですが)主に二次創作が盛んで、サークル参加数は35000程度です。

それに対してコミティアは一次創作限定のイベントで、サークル参加数は関東のコミティアで5000程度です。

コミティアは関西・名古屋・新潟・札幌・東北など各地で開催されています。

(関東の)コミティアは年に4回開催されています。

一般参加で数回行ったことがあるのですが、コミケの1/7の規模といえどフロアもかなり広く、でも意外と落ち着いたイベントです。

参加しているサークルの方は30代の方が多いんじゃないかと思います。

コミケはキャラクターや版権などのコンテンツに対する愛がある人が集まるイベントで、コミティアはどちらかというと創作活動そのものが好きな人が集まるイベントだという印象があります。

実際自分の知り合いでコミティアに参加している人は、一般参加する人でも絵を描いていたりと何かしら創作活動にかかわっている人が多いです。

自分が参加仕様と思っているのは関東のコミティアです。

一部紹介

出す冊子の内容は背景画中心の「ノスタルジック」をテーマにしたイラスト集です。

twitterですでに上げたものですが、収録予定の絵を一部紹介します。

廃墟で待ち人を待つ少女です。

大学のときに住んでいた学生マンションが元になっています。

高校の時の通学電車から見える夕焼けが好きだったので思い出しながら描いてみました。

高校は大阪でしたが、電車は東京-神奈川を走る東急東横線の車両ですw(窓が大きいところとか、なんか好きなので)

スケジュール

絶賛お絵かき中ですが、7作品描く予定でまだ4枚目を描いている途中で、結構遅れ気味です。

まだよく調べてないのですが、おそらく4月ぐらいにはデータを完成させて発注しないといけない気がします。

しかし、10月ぐらいから描き始めているのでここまで一か月ちょいで1枚のペースでしたが、ここからは2か月で7枚目まで完成させないといけません…倍ぐらいのスピードが必要です。

参加申込ももう始まっていて、3.12までなのでそろそろ出さないと…(サークルカットがない…)

果たして無事に参加できるのでしょうか…

まぁ頑張ります

マインクラフトサーバーについて【Java版/統合版(Bedrock版)/マルチプラットフォーム/Switch版など】

みんなで遊ぶためにマイクラサーバーを建てようとして、かなり厄介だったので書き残しておきます。

マイクラの種類

なんか色々種類があってくそめんどくさいです。

クライアントの種類

マインクラフトのクライアントにはざっくり2種類あります。

  1. Java版

    Mojangが開発したオリジナルのもの。

    クライアントはPC(Java版)のみ。

  2. 統合版

    Microsoftが買収してマルチプラットフォームにしようとしたもの。

    クライアントはPC(Windowsストア版)、Xbox、スマホなど

マルチプレイをするとなるとクライアント(PC)のひとりがホストとなってプレイする方法もありますが、ポート開放がめんどくさかったり、通信が不安定だったり、毎回IPが変わったり、アクセス人数制限が厳しかったりと色々問題があります。

そこで、別でサーバーを用意してプレイしたくなります。

サーバーの種類

サーバーを用意する方法は二つあります。

  1. Realms

    https://minecraft.net/ja-jp/realms/

    公式が用意する統合版サーバー(Java版はアクセスできず)

    統合版のクライアントからアクセスできます

    公式に課金してサーバーを取得します

    最大人数が少ない

  2. 自前サーバー

    自前でサーバーを用意する

Realmsサーバーを借りるにはそこそこいい値段するので、自前サーバーを用意したくなったりします。

配布されている公式サーバーアプリケーションの種類

自前サーバーに置ける公式のサーバーアプリケーションがあります。

  1. Java版

    https://minecraft.net/ja-jp/download/server/

    Java版のクライアント(PC)で遊べる。

  2. Bedrock版

    https://minecraft.net/ja-jp/download/server/bedrock/

    統合版のサーバー

    ただし現状まだアルファ版

    WindowsまたはUbuntuで動作

    (CentOS7で立ててみようとしたら環境構築がめんどくさかったのでやめた方がいいです)

ここで、クライアントが全員PCを持っていれば何の問題もないです。

サーバーはJava版で立てても、Bedrock版で立てても対応するクライアントから問題なくアクセスできます。

しかし、ここでPCを持っていない情弱が現れた場合、統合版サーバーを立てざるを得なくなります。

しかしここで大問題が…

なんとこのBedrock版サーバー、Switchからアクセスができないのです。(統合版とは一体…)

(苦労してUbuntu Bedrockサーバーを立てたのにログインできないとか言われて怒り散らした(Microsoftに))

一応公式以外のサーバー(プラグインサーバーと呼ばれているらしい)も配布されているらしいですが、結局これらもSwitchからは繋げないらしいです。

結論

というわけで、Switchのクライアントしか持っていない人がいる場合、自前サーバーを立ててマルチプレイするのは無理ということになります。(つまり誰かがホストとしてクライアントを起動するか、Realmに課金するしかない)

前述の通りまだBedrockサーバーはアルファ版みたい(ぐう遅い…)なので、今後アップデートでSwitchからもアクセスできるようになるのかもしれませんが…

(みんなここで「はよSwitch対応せぇ」って言ってるみたいです)

そんなにしっかり調べてないので、信じるか信じないかはあなた次第です。

追記

よく見たらマイクラのwikiにbedrock版のマルチプレイの接続方法について書いてありました。

https://minecraft-ja.gamepedia.com/Bedrock_Edition

上記から引用

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
マルチプレイは以下の7つの接続方法が存在する。

・LAN 経由で5人のプレイヤーがシングルサーバーで遊ぶ。
  ・Nintendo Switch 同士でのローカルマルチプレイ(Nintendo Switch のみ)
  ・Nintendo Online でのオンラインマルチプレイ(Nintendo Switch のみ)
・Realms (旧Pocket Realms) を使用する(Alpha0.7.1 以降)。Pocket Realms は Alpha 0.7.6 で閉鎖されたが、Alpha 0.15.0 で Realms として可能になった。
・ユーザーが作成した外部サーバーを通して遊ぶ(Alpha 0.7.4 以降、技術的な仕様により Xbox One 、 Nintendo Switch は不可)。
・Xbox Live を通して遊ぶ(1.2 以降)。
・ユーザー法人及び企業が mojang (Microsoft studios)と契約を行い作成した特集サーバーを通して遊ぶ(1.2 以降)。
なお、Xbox One・Nintendo Switch でのマルチプレイは、それぞれ Xbox Live Gold メンバーシップ、Nintendo Switch Online への加入が必須となる。

見るべきはユーザーが作成した外部サーバーのところですが、
技術的な仕様…? 昔はSwitchやXboxからも接続できていたのでしょうか、早く復活してほしいです

背景画習作④

今回は京都の路地裏を描きました

グーグルで適当に探したいい感じのを参考にして描きました

そして今回描くにあたり、SAIだけで描くのはブラシ機能が貧弱で限界を感じてPhotoShopを契約しました

PhotoShopの筆ツールめっちゃ楽しい…

まずは四角いブラシを主に使ってザクザクと概形を描いて色を決めていきました

ここまでは2時間ぐらいです

そこからは、すでにキャンパス上にある色をスポイトで吸ってブラシをいろいろ使い、ひたすら細部を描き込んでいきます

描き込み終了!

目につくところ、明るいところを重点的に描き込みました

最後に色を調整

オレンジ色のレイヤーをオーバーレイで重ねて夕方っぽい色にして、コントラストを上げました

完成!!

全部でだいたい10時間ぐらいかかったと思います

今まで描いた背景画の中では最もよく描けたと思いますが、まだまだうまくなりたいです

余談ですが、いつもレイヤーマシマシで描いてますが今回、レイヤーの数を1枚にして描いてみました

結果としては後戻りできない分迷いが減って描くスピードが上がりました

電柱などの細いものがその後ろにあるものを描き加える時にどんどんやせ細ってしまい、もう一回描き直さないといけないというのは少しめんどくさかったですが

(次描くときは細いものとかは小さいものは別レイヤーにしようかな…)

時短!簡単!カルボナーラたん!

概要

前の記事、男の初心者向け料理講座で紹介したクリームパスタのテクニックを応用したカルボナーラたんの作り方です。

  • 所要時間:25分(パスタを茹でる時間も合わせて)
  • 難易度:簡単

材料(4人前)

ソース

  • ベーコン・玉ねぎなどの具:食べる分(ベーコンは必須)
  • あらびきコショウ:適量
  • 小麦粉:量は入れる時に決定
  • 牛乳:量は入れる時に決定(1/2パックぐらいは用意)
  • スライスチーズ:2パックぐらい
  • 卵:2個ぐらい

  • パスタ:食べる分
  • 塩:適量

作り方

  1. ベーコンを強火でちょっと焦げ目ができるまで炒める
  2. 玉ねぎを切って投入し、おいしそうな感じになるまで炒める
  3. あらびきコショウを多めにふりかける(7ふりぐらい?)
  4. 【ここがポイント】小麦粉を雪化粧みたいな感じでまぶして(積雪量1mmぐらい)混ぜる 白い色が見えなくなったらOK
  5. 【ここがポイント】牛乳を入れる 最初はコップ1杯分ぐらい入れてみてぐつぐつするまでゆでる いい感じのトロトロ感を目指したいので(後でチーズを入れるので気持ちシャバシャバ目でOK)、ぐつぐつしたときにドロドロだったら牛乳を入れて調節する(トロトロ感が完全になくなったら詰み 牛乳に対して小麦粉が少なかったということなので、次回頑張る)
  6. スライスチーズを全弾投入して溶かす
  7. 火から降ろして冷ます(これをやらないと後で入れる卵がもろもろになる 詰み)
  8. お湯を沸かして塩を入れ(パスタを気持ち塩味にする おいしいから)、パスタを茹でる
  9. 卵をかき混ぜて、ソースがぬるく(「アツアツではないよなぁ…」っていうぐらいに)なったら投入して混ぜる
  10. パスタがゆであがったらかけて完成!コショウをお好みでさらにトッピング
  11. (余った分は冷凍できます)

圧倒的勝利感 カルボナーラたんは正義

※次作ったときに途中工程の写真も付けておきます

blender UV投影モディファイアの使い方

UV投影モディファイアとは

顔のパーツをモデリングする際など、下絵をモデルに貼り付けたい場合があります

普通にUV展開をして下絵のテクスチャを張り付けるなどの方法をとると、メッシュを変形した時に下絵が一緒に変形してしまいます

変形してしまった下絵

下絵を参考にメッシュを編集しようと思っているのにこれではできません

(「下絵」機能 [3Dビュー -> プロパティシェルフ -> 下絵] を利用する方法もありますが、下絵はオブジェクトに貼り付けられるわけではなく正面、真横から見たときにのみ表示されるので、斜めから見たときに下絵がどの程度たわむかなどを確認できず、個人的には不便です)

下絵をオブジェクトに投影しつつ、メッシュを編集しても下絵が崩れないようにしたいときには時にはUV投影モディファイアが便利です

UV投影モディファイアは他のオブジェクトの角度からUVを投影する機能で、この機能を使えばメッシュを編集しても下絵自体は同じように投影され続けます

設定方法

1. 下準備

  1. テクスチャを投影されるオブジェクトにマテリアルをつける

オブジェクトモードプロパティウィンドウ -> マテリアルタブ -> 新規

  1. テクスチャを投影されるオブジェクトにテクスチャをつける

オブジェクトモードで プロパティウィンドウ -> テクスチャタブ -> 新規 して、

でてきた項目の 画像 -> 開く で投影するテクスチャを設定する

(まだテクスチャは表示されません)

  1. テクスチャを投影したいオブジェクトをUV展開する

ここで展開したUVは使われませんがなぜか展開する必要があるようなので、適当に展開します

スクリーンレイアウトを UV Editing にする

右側の3Dビューで編集モードに入り ツールシェルフ -> UV -> UVマッピング -> 展開 をおす

(ぐちゃぐちゃですが、展開されたらOKです)

  1. 3Dビューに映るようにする

この時点で、普通に展開されたUVでテクスチャが張り付いているので、見えるようにしてやります

3Dビューのシェーディングを マテリアル に変更し、へミライトかなにか置いてやります

2. モディファイアの設定

  1. UVを投影されるオブジェクトにUV投影モディファイアを設定する

  1. 投影するUVを持つオブジェクトを作成する

プレーンか何かをこんな感じで適当に配置します

  1. UV投影モディファイアの プロジェクタ の項目にさっき配置したプレーンを設定します

すると、プレーンの方向からテクスチャが投影されます!

プレーンの位置・サイズ・角度などを変えることでテクスチャが投影される位置・サイズ・角度も変更できます

(終わり)

顔パーツモデリング①[下書きを描く]

前回、髪の毛モデリングをしました

のっぺらぼうのままでは服を着せる気持ちにもならないので、今回は顔パーツを作っていきます

顔はキャラクターの中で間違いなく最も重要なパーツです

ですが、今まで目や口のテクスチャを何パターンか用意して切り替える方式のお粗末な顔のキャラモデルしか作ったことがありませんでした

今回はテクスチャ切り替えではなくメッシュの変形で表情を変えることができるモデルを作るのを目標とします

記事のタイトルを「顔パーツ」作成としているのですが、顔自体は髪の毛モデリングのときにベースにしていた昔作った素体を使います

さて、顔を描くための下書きです

苦労して作った髪の毛と合う顔になるように、一度blenderの3dモデルのスクリーンショットをペイントソフトに持ち込んで、それをベースに顔を描いていきました

いつも描いてる絵より若干リアル寄りにしてみました(この方がスタイリッシュな服もに合うかな~と)

モチベーション維持のためだけにこの記事を書きましたがw、お付き合いありがとうございました